貧困の戦後史(著:岩田正美)を読みました

太平洋戦争以降の日本において貧困がどのように捉えられてきたのか、定量的なデータをひきつつも、そのあらわれ方・「かたち」により着目しながら変遷を追った一冊。

本書により『時代区分ごとに貧困をこのように捉えていた』という貧困の「かたち」を大まかにまとめると下記の通りとなる。

 

終戦直後】・・・壕舎生活者、引揚者、浮浪者・児

【復興期】・・・失業対策日雇、仮小屋

【高度経済成長期】・・・二重構造論、旧産炭地域、寄せ場、問題地区(スラム・高生活保護利用地域)

【一億総中流時代】・・・多重債務者、(豊かな社会における)島の貧困insular poverty(寄せ場、開拓事業地、再スラム化する改良住宅事業地)

【失われた20年】・・・ホームレス、ネットカフェ難民、被保護者の単身化・高齢化、相対的貧困、子どもの貧困

 

本書は、社会から周縁化され目につきにくい存在とされがちな「貧困」について、とくに比較的近い時代の様相を通史的にまとめているという点が稀有だと思った。ドヤ街、浮浪者、産炭地など名前・単語としては聞いたことがあるものの、そこがいったいどのように形成され、そこに暮らす人たちの暮らし向きがどうだったのか、ということは本書で初めて知った。貧困ビジネスの「ビジネスモデル」も、旧来からあるものが形を変えて繰り返されているようだ。

 

本書最終章で著者が指摘しているが、「貧困者はすでに十分自立的であり、そのことが問題なのだ」というのはまさにその通りだと思う。

個人的に本書のハイライトだと思ったので、少し長いが引用する。

 

=======================================

「自立」支援という政策目標は、個人の怠惰が貧困を生むという、きわめて古典的な理解に基づいている。だが問題は、怠惰ではないのだ。貧困を個人が引き受けることをよしとする社会、そうした人々をブラック企業も含めた市場が取り込もうとする構図の中では、意欲や希望も次第に空回りし始め、その結果意欲も希望も奪いさられていく。だから問題は、「自立」的であろうとしすぎることであり、それを促す社会の側にある。

=======================================

 

日本の社会保障というのは、例えば生活保護を受けるか・受けないかのように、とかく「あっち側」と「こっち側」でとかく断絶が大きいように感じる。
税金の控除(寄付金)・減税(住宅ローン)や手当(子ども)の支給から、低額または無料でのサービス利用(子供の医療費・保育園)、所得補償(生活保護)などまで、もっとなめらかな制度設計はできないものだろうか。
こういう官的に提供される各種ベネフィットがもっと地続きに感じられるようになれば、社会保障制度は私たちのためのものという支持が広がり、支え合いがある生きやすい社会になるのではないかと思う。

 

貧困の戦後史 (筑摩選書)

貧困の戦後史 (筑摩選書)

 

 

中庭の出来事(著:恩田陸)を読みました

蜜蜂と遠雷』で久しぶりに読んで、同じような作品があるよと勧められた『チョコレートコスモス』を待つ間に読んだ一冊。

 

舞台をテーマにした本作、『蜜蜂と遠雷』と同じく、というか、より一層重層的でフラクタルな構造の小説だなぁと感じました。 

演劇作品の台本・セリフまわしが幾重にも入れ子構造になっていて、章ごとに「あれ、今どの話にいるんだっけ?」というのが一瞬分からなくなりそう。
でもそれでも不快じゃなくって、エンディングでこれがどうまとまっていくんだろうか、とワクワクする感じ。

この感覚は、本物の演劇を鑑賞しているときの感覚にとってもよく似ている。
演劇でも、場面転換でがらっと話が変わったりすると、「あれ、これはどういうプロットになるんだろう?」と話しの筋が気になりつつも、今目の前で展開されるやりとりに耳目を奪われもする。
それでこれが最終的にどう着地していくんだろうか、はたまた発散していくんだろうかと、固唾をのんで見つめていたり。

 

蜜蜂と遠雷』では、ピアノのコンテストという音楽を文章で見事に表現していたわけだけど、同じように本作では、演劇の世界を文章だけで表現している。

自らの武器による他の芸術分野への越境行為はかなり度胸がいることなんじゃないかと思うのだけど、毎度みごとやりきる恩田陸さんの文章表現力の豊かさを改めて思い知らされました。

 

小説の地の文の登場人物だと思っていたキャラクターがいつの間にか劇中劇の中のキャラクターになっていてというところが入れ子構造なのですが、本作の最後の最後、観客も劇場を一歩出た世界の中では、自分自身を演じなければならない見られる存在であるというセリフが出てきます。
ここで自分はセーフティな傍観者であると思っていた読者さえも、ついにこの小説の入れ子構造に取り込まれていくことになるわけですが、これは『蜜蜂と遠雷』でも感じたフラクタルさと相通じるものがあって、見事な筆者からのラストパスだと思いました。

 

ということで、見る側であった自分を読後の所感という形で見られる側に回して、本作の鑑賞に決着をつけたいと思います。

 

中庭の出来事 (新潮文庫)

中庭の出来事 (新潮文庫)

 

 

空間の使い方を考える本5冊を読んで考えたこと

昨年から続いている探究の大テーマは、あまりに断片化が進む社会/世界が怖くって、どうやって共通の地平を持つ/作ることができるのだろうか?ということ。

正義論シリーズに続いて箸休め的に読んだつもりの関係人口関連の本も、人は複数地点にどう関りを持ち連帯できるか問うという意味では、実は同じテーマのもとにあったんだと気づきました。

そして今回は人が集う物理的な場所についてのシリーズ5冊。

昨年アヅマ堂という場所を手に入れ、今オフィスの使われていない部分をどうにかしようと模索している中、建物・空間をどう使うと共通の地平づくりに近づくことができるだろう?ということを考えたくて今回のシリーズを選びました。

読み通して感得したことを先取りすると、

「複数のCommon Sphereにシェアされる空間にしよう、うち一つは必ずアートを入れよう」

ということ。

極めてハイ・コンテクストな表現なので、読んだ本それぞれから得た洞察をブレークダウンするとそれぞれ以下のようになります。

 

1.サードプレイス(著:レイ・オルデンバーグ)

住環境のPrivatizationを過度に進めた結果、コミュニティの核となっていた「とびきり居心地良い場所」=サードプレイス(例:パリのカフェ、ドイツのビアホールなど)が枯れていってしまった。

サードプレイスは近隣の人々が階級などに関わらずフラットに社交でき、情報交換や意見を交わすことができる公共圏 public sphereでもあった。

 

2.RePublic-公共空間のリノベーション(著:馬場正尊+Open A)

公共の意味はofficial、common、openの3種類ある。このうち中間のcommon、利害を共有する複数の参加者がいて限られた公に開かれた状態のcommon spaceがこれから必要になってくる。

 

3.PUBLIC DESIGNー新しい公共空間の作り方(著:馬場正尊+Open A)

公共空間とは関係を作る空間である。Public の反対は Privateではなく、no presence(誰も関心を持っていない)ことである。

 

4.シェアをデザインする(著:猪熊純、成瀬友梨、布山陽介、林千晶、馬場正尊、三浦展、小林弘人、門脇耕三、萩原修、安藤美冬、島原万丈、関口正人、中村真広、田中陽明、ドミニク・チェン)

人口減少が進む中、こぞって囲い込みprivatizeされていたものに余白が生まれ始めた。固定化・占有されていた場所・スキル・役割を開放し、流動化することで、新しい価値の創造につなげることができる。

 

5.文化政策の展開―アーツ・マネジメントと創造都市(著:野田邦弘)

アートは脱美術館が進みワークインプログレス、フェスなどプロジェクト化している。ゆえに地域づくりや社会包摂に有効である。

※アートは自己表現の交感で労働に勝るとも劣らない社会参加の一形態で、それでなければ築けない共通の地平を築くことができると思う。

 

これを全部ひっくるめて、多用途・非占有で、複数の公共圏(publicではなくcommon sphere)-うち少なくともひとつはアート-が同居する空間、というのが一番理想像に近そうだ、ということになりました。

 

さぁ、上流の希望はだんだん固まってきたぞ。

具体的な姿にどう落とし込んでいけるかなぁ。

 

 

  

RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC 公共空間のリノベーション

 

 

PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

  • 作者: 馬場正尊,Open A,木下斉,松本理寿輝,古田秘馬,小松真実,田中陽明,樋渡啓祐
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2015/04/10
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

シェアをデザインする: 変わるコミュニティ、ビジネス、クリエイションの現場

シェアをデザインする: 変わるコミュニティ、ビジネス、クリエイションの現場

  • 作者: 猪熊純,成瀬友梨,布山陽介,林千晶,馬場正尊,三浦展,小林弘人,門脇耕三,萩原修,安藤美冬,島原万丈,関口正人,中村真広,田中陽明,ドミニク・チェン,中村航,浜田晶則
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2013/12/15
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

文化政策の展開: アーツ・マネジメントと創造都市

文化政策の展開: アーツ・マネジメントと創造都市

 

 

 

 

関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーション(著:田中輝美)を読みました

東京にいても島根や地域づくりのことを学べるという「しまコトアカデミー」をケースに、 移住・定住のみを目指さず、多様な関わりしろを提示し、地域の課題・人と地域外の人をつなげられる関係案内所こそが今必要である、というのが本書のメインの主張。

 人材をさらっていく先進地であるという印象の島根だけれど、移住・定住ありきではないリードの拡充に努めてきたからこその結果であったんですねぇ。

 

移り住むだけが地域とのかかわり方ではない。
PR・発信された内容のシェアや、イベントへの参加、特産品の購入など、関わり方は多様にある。
移住と違ってゼロサムゲームではない関係人口は、どの地域も増やせるし、どの人もなれる。

 

という指摘が本書でされていましたが、自分自身、移住体験ツアーのお手伝いをさせていただいた経験などを通じて、日頃感じてきていたことでした。

 

最近読んだ『弱いつながりー検索ワードを探す旅』(著:東浩紀)では、「観光客」というあり方は、本人にとって言葉になる以前のナマの体験をすることであり、新しい検索ワードの獲得や、動物的な反応の中での地域との連帯を抱くきっかけになると指摘されていました。

しかし、本書では、観光・交流だけでは、関わりたい・貢献したいというニーズに十分応えられないし、地域にしても交流疲れに陥って活動が瓦解してしまうこともあるとされています。

これはどう考えればいいのか?

思うに、地域側がおもてなししようと意識しすぎてよそ行きの装いで迎えるようなしつらえの観光・交流というのはお互いにアンハッピーで、むしろ普段の営みをともにする、その中で抱えている難しさも垣間見えるという観光・交流であれば、連帯のとっかかりになるんじゃないだろうか。

 

最近観光の業界ではDMOの設立が流行りになっています。

しかし、観光・交流というのは、関わり方の一類型(しかもかなり導入に近い)に過ぎず、関係案内所であれば包含しうるファンクションのように思えます。

それだし、継続性や発展性を考えると、関係案内所の方が断然面白い。

やり方次第ではふるさと納税だって絡めていける。
何に出資してもらうのか?
リターンの設定や伝え方など、どうすればつながりたい人とつながれるか?

 

東京で地方のDMO/DMC(のリエゾン)やるなら、拡大解釈して関係案内所まで目指した方が面白いんじゃないかと思いました。

 

関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーション

関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーション

 

 

ライフ・プロジェクト(著:ヘレン・ピアソン、みすず書房)を読みました

イギリスで実施されてきた第1次から5次(1946年、1958年、1970年、1991年、2000年の各年生まれを対象)にわたる「コホート研究」の歴史、時の政権から受ける影響、逆に時の政策に及ぼした影響をたどったドキュメンタリー。 

 

イギリスでは、同時期に生まれた子どもの様々なデータを縦断的に採取することによって、妊婦ケアの充実と周産期死亡率の低下、幼児教育の拡充による学力格差拡大の防止、その他疫学的な知見の獲得が実現されてきたという。

 

一番驚いたのは胎児から乳幼児である時期の過ごし方が、その人の後年の健康や社会的成功を損なうリスク要因をいかに広範に規定しているか、ということ。もちろん関係が深いとは思っていたけれども、想像以上のインパクトがあるよう。

一例として、胎児の時に母体の健康・栄養状態が不良であると、胎児の身体がその母体の状態で事足りるような『省略形』で組成され、例えば心臓が弱くできてのちの心疾患の遠因となっている可能性がある、ということが挙げられていた。

また子ども時代に精神的な健康を害された人は生涯で平均30万ポンド(約4,500万円)の収入を失うという推計もあり、これは全人口合わせると5,500億ポンド(約82兆円)もの逸失利益につながる。

一方、親が子どもの教育に関心を寄せ、学習環境の構築に努めれば(毎日読み聞かせをすることも含む)、子どもは社会階梯を上がり、自らの境遇を好転させることができることも明らかになったそう。こちらは子どもにとって生まれ落ちた環境から抜け出す余地が全くないわけではないことを示唆している。

 

だとすれば、医療的に見ても、社会・経済的に見ても、妊娠中・子育て中の親たちが子どものために自らの時間とケアを十分振り分けられる環境をつくることが、もっとも費用対効果が高い社会投資と言える。

きっとこのインプリケーションはイギリスだけに妥当するものではなくって、日本にも同様に当てはまるだろう。

やっぱり社会保障・福祉の資源配分はもっと大胆に見直さないと、いつまでたっても対症療法を繰り返すことにしかならないのではないか・・・。

 

ライフ・プロジェクト

ライフ・プロジェクト

 

 

<弱さ>のちから ホスピタブルな光景(著:鷲田清一、講談社学術文庫)を読みました

弱いロボットの思考で引用されていたのがきっかけで手に取った本書。

 

尼僧や障碍者作業施設の運営者に始まり、ダンスセラピストや華道家、果ては風俗嬢まで、さまざまなケアの実践者へのインタビューを行った著者は、さらけ出された弱さに思わず手を差し出してしまうという人の本能的な反応が、ケアする人・される人という上下関係を超えた対等な「他者」性(わたしが誰かにとって何らかの意味ある存在であるというアイデンティティ)の獲得を導きうるとしています。

 

この「本能的な反応」は、最近読んだ東浩紀氏の「弱いつながり」でも取り上げられていました。
そこでは、実際に現地を訪れてみることが(たとえ行かなくともネットで検索できるような範囲の)言葉になる前の体験をもたらし、そこで抱く「憐み」が観光客と旅先の場所の弱いつながり・連帯を生み出しうる、とされています。

 

どちらにも共通しているのは、困りごとに直面している場面にナマに触れることが、理性に先立つ<関わり感>をもたらすということ。

 

チームビルディングに成功している組織・プロジェクトや人を巻き込む力のある地域なんかは、これをうまく行っているんじゃないかという気がします。
別言すれば関わりしろの感じさせ方がうまい。

あんまり狙ってやると物欲しげすぎて気持ち悪くなりそうなんで、さじ加減は気を付けなければいけなそうですが…

 

思いがけずシリーズになった弱い・弱さテーマの3冊、意外な気付きにたどり着いてびっくりです。

 

2017年に読んだ本&お薦め5選

2017年も残すところあと24時間を切りました。
ということで、今年1年の読書記録の総括とお薦め本5編をピックアップしてみたいと思います。

 

リーディングリストをまとめてみましたが(※末尾)、振り返ってみると今年のテーマは、

「分断化した社会をどう生きるか」

であったようです。

 

経済的な格差の拡大、ポピュリズムの台頭と内向き志向、やまないテロ、難民の発生および排斥と、社会の分断化が世界中で進行しているしるしはそこら中にあふれています。
しかもオバマ前大統領が最近指摘した通り、SNSは人々を結びつけると同時に一定のネットワークの外の人々との交流を不活化して、社会の分断に拍車をかけている状況にあります。

 

そんな中でも、互いの存在を認め、一定の尊厳をもって、せめて並存できるような社会・世界に近づけるために何ができるだろうか?を模索している1年でありました。

 

では、おすすめに行きましょう!
まず2編。


1.「不平等を考える:政治理論入門」(著:齋藤純一、筑摩書房) 
2.「介入のとき(上)・(下)」(著:コフィ・アナン、岩波書店) 

1.は社会の不平等を
①どう評価するか(何を基準にするか)
②どんな制度で正すか(事前的介入/事後的介入)
③どう作っていくか(民主主義と平等)
を広く考察した著作。
入門と銘打たれた新書だけあってコンパクトで読みやすいですが、論点を幅広く押さえていて、さらに深掘りしたいと思うポイントをたくさん示してくれる一冊でした。(実際この本で引用されていた本をたくさん読みました。)

 

2.は元国連事務総長のコフィ・アナン氏の回顧録。
国連を主権国家ではなく人民のための組織とするため変革を試みたアナン氏が、次々起こる人道危機に際し、内紛当事国のトップや安保理常任理事国の首脳・外相と息の詰まるような協議・交渉を行った様子が生々しく描かれています。
グローバルジャスティス(世界正義)はなぜ必要か、現実にはどう「作られて」いるのかを知り、いかにあるべきかを考えるきっかけを本書にもらいました。

不平等を考える: 政治理論入門 (ちくま新書1241)

不平等を考える: 政治理論入門 (ちくま新書1241)

 
介入のとき――コフィ・アナン回顧録(上)

介入のとき――コフィ・アナン回顧録(上)

 
介入のとき――コフィ・アナン回顧録(下)

介入のとき――コフィ・アナン回顧録(下)

 

 

上で偉そうなこと書いたわりに、個人的にはいかに軽やかに、小回りきくように生きていられるかにとても関心があります。
なんとか好意的にみるならば、ひとりひとりが、何かに縛られず自由にのびのびと自らの生を生きることを追求できる、というのが自分の理想としてあって、それを個人的にも世の中的にも実現したい、というのが両面的に出てきているということでしょうか。
ジャンルとして、<生き方のオルタナティブ>とでも名付けられるような一群の本を詠んでいました。
その中のおすすめの一冊がこちら。

 

3.「なめらかなお金がめぐる社会。」(著:家入一真ディスカヴァー・トゥエンティワン

 

クラウドファンディングサービスCAMPFIREの代表取締役、家入さんの著作です。 
なぜCAMPFIREをやっているのか、CAMPFIREが支えようとしている「小さな経済圏」とはどんなものでそれがこれからなぜ有効なのか、が書かれています。
本業にせよ、副業にせよ、(もしかしたらこういう区分がもはやなくなっていくのかも)ビジネスというかお金が回っていく仕組みをどう考えていくか、思考するスタンスのヒントがもらえる一冊だと思います。

 

※よそで十分評判なので本編では選に含めませんが、「LIFE SHIFT」は今年読んだ全ジャンルの本の中でも指折りの画期的な一冊でした。

続いては今や人としてどう生きるかを考える時に切り離せなくなっているTech分野から。
AI、ロボットは昨年読書の一大ジャンルでしたが、今年に入ってちょっと毛色の違う、もっと地に足ついた本が出てきているなぁと思いました。

4.「2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方」(著:藤野貴教、かんき出版)

シンギュラリティや汎用AIといったまだちょっと未来に起きることをああでもない、こうでもないと右往左往しているくらいなら、直近の2020年までにAIでできそうなことに着目し、人間にしかできないことをやりながらどう協働するのがいいか実例案も交えて紹介しています。

銀行でさえ人員をAI・ロボットに置き換えようとする今、人にしかできないことを考えるヒントが得られると思います。 

2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方

2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方

 

 

最後に、昨年からの続きの<日本とは?>のジャンルから。
日本的なるものの精神を知りたく、日本家屋や神道、思想(特に保守)分野の本もさんざん読んだのですが、ベスト1はこの本。

 

5.「日本の長い敗戦」(著:橋本明子、みすず書房

 

敗戦を社会的トラウマとして捉えたとき、戦後日本でそれをどう乗り越えようという動きがあったのか、それに対応するように日本人の安全保障観や、改憲をめぐるスタンスがどう形作られてきたのかがよくわかる一冊でした。

 

 

さて、来年はどんな本との出会いが待っていることでしょう。
まだ見ぬ出会いを楽しみにしつつ。


=======2017年読書目録=======

各書籍の詳細はこちらから見られます

【「社会の分断」と処方箋を考えるヒント】
〇中東・イスラム
 アラー世代・シリア難民・引き裂かれた道路・ボコハラム
〇正義論
 介入のとき・世界正義論・わたしが正義について語るなら・自分とは違った人たちとどう向き合うか・正義のフロンティア・正義のアイデア・正義への責任
〇貧困・社会保障
 生きづらさについて・不平等を考える・共生保障・生活保障・ヒルビリー・エレジー
〇政治
 接続性の地政学・人々の声が響き合うとき
〇金融
 なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?・愚者の黄金
〇アート
 最後の秘境東京藝大・アート×テクノロジーの時代

 

【生き方のオルタナティブ
〇時間(軸)
 自分の時間を取り戻そう・LIFE SHIFT・瞬間を生きる哲学・生産性
〇企業組織のオルタナティブ
 POWERS OF TWO・スタートアップ・持続可能な資本主義・なめらかなお金がめぐる社会。
〇地方
 団地のはなし・和僑・プラチナタウン・弱いつながり
〇シェア空間
 まちのゲストハウス考・シェア空間の設計手法・空間メディア入門

 

【techとヒト】
・Door to Door 移動の未来・インターネットの次に来るもの・テクノロジーは貧困を救わない・デジタルゴールド・ブロックチェーンの衝撃・クラウド時代の思考術・2020年人工知能時代の僕たちの幸せな働き方・中国モノマネ工場・そろそろ、人工知能の真実を話そう・ヒトラーのデザイン・弱いロボットの思考・シェアしたがる心理

 

【日本性】
〇家
 日本の家・民藝とは何か・日本のかたち―民家・民家・日本の家屋と生活
神道
 神道入門・日本人の神入門
〇政治
 日本会議の研究・それでも、日本人は「戦争」を選んだ・学問と「世間」・日本の思想・保守とは何か・暗い時代の人々・自民党

 

【Life Huck
・TED TALKS・仕掛学

 

【小説】
蜜蜂と遠雷・あの子は貴族

 

【哲学】
・孤独と不安のレッスン・メノン・ジブリアニメで哲学する

 

その他
・教育費破産
・北京レポート
・仕掛学