読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「移動」の未来(著:エドワード・ヒュームズ)を読みました

ドア・トゥー・ドアが当たり前になった今の「モノの移動」の話から、既存のインフラ・移動手段の限界、ライドシェアがもたらす「ヒトの移動」の変化、そして自動運転車の破壊的影響まで、広く目配りが行き届いた一冊です。

ベースになっているのはアメリカの「移動」事情ですが、多かれ少なかれ他の国にも広く当てはまるんじゃないでしょうか。

 

「既存の交通システムは、膨大な死傷事故を伴い、港湾・道路を混雑させるなど、持続不可能になりつつある。しかし現在生まれつつあるライドシェアや自動運転車は、人間が運転する個人所有の車を置き換えて事故を減らすと共に、道路容量に空きを生みモノの移動もスムーズにする可能性がある。」(134字)

 

本書前半では「モノ・人の移動の今」が描きだされています。
生産体制のグローバル化が進んだ結果、最終消費財が私たちの手元に届くまでにいかにモノが長い距離の移動を経ているか。
ネットショッピングの普及が戸口配送をいかに増加させているか。
そして人がいかに個人所有(一家に一台以上という意味も含めて)の車で移動しているか。

その結果、港湾や道路といった交通インフラは混雑し、過剰な通行量が大きな負担をかける結果、常に拡張や補修投資の必要に追われ続けている。
モノも人もラストワンマイルは「車」で移動するため、道路は「車」に占拠され、交通事故も絶えない。

そして最後の数章で、ライドシェアの広がりや、自動運転車の開発が、これら既存の交通システムを一変させうる、しかも問題を解決しうる、いかに破壊的なイノベーションになりうるか、の可能性を検討・紹介しています。

 

確かに、ほとんど稼働しない個人所有の、人間が運転する車というのは、もはや本人にとっても社会にとっても余りにムダが多く、しかも危険なビークルで、車に取って代わられた馬のような存在になっていくに違いない、と思わせるに十分な議論でした。

未来は絶対こっち(自動運転車のシェアライド)に向かうと思うんだけどなぁ。いつ来るかなぁ。

 

「移動」の未来

「移動」の未来

 

 

TED TALKS(著:クリス・アンダーソン)を読みました

トークイベントの作り方の参考にと思った一冊でしたが、内容は登壇者のトークの作り方・心構えについて書かれた本でした。

「パブリックスピーキングは聴衆の頭に新しいアイデアを植える贈り物のようなものだ。それを効果的に行うハウツーは色々あるが、最も大事なのは弱さも含めて自分らしくあり、聴衆と絆を築くことだ。知識を統合し、相互理解を深め、世界をよりよくするため、パブリックスピーキングはますます重要になる。」(140字)

そういうつもりで読んだんじゃないのですが、読み終わったらパブリックスピーキングをしてみたくなりました。
特に心に残ったのがこの二節。

「世界を動かす力が自分たちにあるとみんなが自覚しているような未来を、僕は望んでいる。価値あるアイデアの種を植えることは、ひとりの人間が与えられる最高のインパクトだ。なぜなら、アイデアの種がきちんと植えられれば、つながりあった世界の中で、それは自然に広がるからだ。それが現在と未来に影響を与える人の数は限りない。」

「お互いへの深い理解によって人間同士が親しくなるにつれて、人は、お互い大切に思うことをそれぞれの視点で見ることを学ぶだろう。そうなれば壁はなくなり人々の魂はひとつになる。
それはすぐには起きないし、簡単でもない。このような変化には数世代が必要だ。もちろんそれを台無しにするような悲劇もたくさん考えられる。でも、みんながひとつになる可能性は絶対にある。」

さて、自分にギフトとして差し出せるトークのネタ、コアになるアイデアがあるかしら?

うん、きっとある。

一回ちゃんと形にしてみよう。
ぼたもちは棚の下にいる人にしか落ちてこないもんね。

 

TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド
 

 

「外来種は本当に悪者か?」(著:フレッド・ピアス)を読みました

むむー、またしてもフレッド・ピアスにやられた!
生態系、環境保護についてもっていた古い先入観をアップデートしてくれる良書でした。

 

外来種は既存の生態系を乱す悪者扱いされる。しかし生態系は元々変化を常とするダイナミックなもので、あるべき元の自然という概念が既に空論である。環境保護は変化に耐えられず退場していく歴史ある自然を守るのではなく、変化に適応する新しい自然、ニュー・ワイルドを助長する方向に転換すべきだ。」(140字)

 

フレッド・ピアスは自分にとっては「水の未来」の著者。
この本でバーチャル・ウォーター(仮想水:製品の移動に伴って、製造過程で使用される水も移動してまわるという考え方)という概念の存在を知り、中東の紛争の一因が水資源であるということを知り、同書前と後で世界の見方が変わったといっても過言ではありません。
そしてこの本も同じくらいひっくり返る本でした。

 

 普通「外来種」と聞くと、いかにも外から侵入してきて、元々その場所に棲んでいた動植物を押しのけ、自然のバランスを崩す悪いヤツ、というイメージがあると思います。
でも本当に外来種は悪さをしているのか?
人為的な理由、その他の理由で、もともとそこにいた動植物が棲めなくなってできた空白にうまくフィットしただけなんじゃないか?
そう問う著者は、実際外来種が定着するのは、在来種が棲めなくなった一見シビアな環境であるという実例を豊富に紹介しています。(その一番極端なケースはチェルノブイリ!)さらに外来種はその土地の生物多様性を高め、在来種の生息環境を提供するなどむしろいい働きをすることもあると指摘します。

 

 そもそも、守るべき在来種や自然のあるべき姿は、外来種やそうでない自然の姿とはっきり区別できるのだろうか?
在来種とされているものの多くも時間軸を伸ばしてみれば外からやってきたものであることが多い。自然の姿も、不断に変わり続けていて、今がたまたまそうであるというものに過ぎない。昔習ったような遷移・極相(ある更地が自然に覆われていく時、その場所の属する気候帯に応じて、一定の法則・順番をたどり安定的な自然環境に辿りつくという考え方)というのは、実態にそぐわない。
手つかずの自然というのも空論で、アマゾンの奥地でさえ過去に人間が手を入れていたという証拠が発見されている。

それなのに、自然をある一定の、それはしばしば自分たちが理想的と考える・親しみを感じるような状態、に留めておきたいというのはあくまで「文化的な選択」であって、自然を箱庭のような状態に押しこめる介入主義的な姿勢に過ぎないと断じます。

 

自然はもっとタフで、柔軟で、ある意味機会主義的にサバイブしていく(それがたとえ都市の中の廃工場跡などであっても)、そうして外来種、さらには人間(とその活動・自然への介入)も含んで形成され、変化していく自然環境をニュー・ワイルドと呼び、今後の環境保護はニュー・ワイルドを対象としていくべきと主張しています。

 

まさに環境保護についての地動説みたいな逆転の視点で、新しい視界をもたらしてくれてありがとう、という感じです。

 

それにしても、この外来種に対して抱いてしまう根強い毛嫌いの気持ち、人間に置き換えた時の差別にもつながるものがあるような気がして、うすら寒い感覚を覚えました。

私たちの伝統ある・正当な自然環境はかくあるべし、それを乱すような外来種は排除すべし、という姿勢。自分たちの社会・文化はこうあるべきで、それにフィットしないような外来者(例えば移民とか、その他社会でマージナライズされた人たち)は排斥すべし、という主張。
ほら、気味悪いくらいに相似形な感じ。優生学みたい。

ちなみに、在来種を排除すると生物多様性が下がり、交雑が進まなくって、進化のスピードが落ちるそうです。人間の社会も、多様性を受け入れられなければ、イノベーションが起きにくくなると言われています。

自然は余計な手出しをしなければ、個々の個体が隙あらばと越境していって(淘汰を逃れられれば)それこそナチュラルに交り合っていくそうですが、果たして人間の場合はどうでしょうか…

 

外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD

外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD

 

 

「日本の家屋と生活」(著:ブルーノ・タウト)を読みました

年明けてから日本の民家についての本を立て続けに読んでいたのですが、本書で一区切り。

 

「1933~36年日本に滞在した著者が、日本の建築特に民家の特徴と背景にある文化・生活を、個人的経験という形で論じた書。自然と親しみ質素なことが日本本来の生活・建築のスタイルであるとし、過剰な装飾や西洋の単純な模倣を戒めつつ、余りに素朴な建築の状況を批判し防火や都市計画の必要性を指摘する。」(140字)

 

著者ブルーノ・タウトは、外国人の目線から日本の伝統美を再発見したと評されているドイツ出身の建築家。名前は聞いたことありましたが、日本にも3年いらしたんですね。
『犬と鬼』のアレックス・カーさんや、『新・観光立国論』のデービッド・アトキンソンさんの大先輩みたいな方かな、と理解しました。

 

驚くほど簡素で開放的な造りの日本の民家は、日本の風土に合わせて形作られてきた人々の思想・文化・生活様式と不可分な関係にあり、そこに暮らす人たちにすれば合理的でかつナチュラルな様式美を備えた建築である、というのが本書を通じて繰り返し語られるテーマだったと思います。
著者にかかれば、世界遺産に指定されている日光東照宮でさえ、過剰な装飾が施された「いかもの」とばっさり切られ、外見的なシンプルさと裏腹に来訪者に哲学的な世界観や自然観を看取させる精緻な心配りが凝らされた桂離宮にこそ、日本の伝統美が見出されるとしています。

 

日本が持っているオリジナルな価値ある美とはいかなるものかについて知ろうとする時、外国出身の方の見方・意見というのは、アウトサイダーであるがゆえに客観的に見えるポイントがあるので、絶対傾聴に値するものだと思っています。
本書は80年以上前の著作ですが、その頃から指摘されていることは変わっていないんだなぁと感じます。

 

こういう、いわゆる禅的な「和」の美が繰り返し指摘される一方で、ここ数年世界モテするとしてもてはやされてきたのは、アニメやマンガなどのオタク文化でした。

この関係はどう考えたらいいんだろう?
知らないだけかもしれませんが、まだあまり両者が交わるような作品?題材?は出てきていないような気がします・・・

どうかそれが、巫女さんとtea ceremonyができるVRソフトとかじゃありませんように!

 

日本の家屋と生活

日本の家屋と生活

 

 

「民藝とは何か」(著:柳宗悦)を読みました

2017年は柳宗悦さんの『民藝とは何か』からスタートしました。
外国から来るゲストを迎える上でも、日本らしい美意識・芸術って何だろう?というのは一度立ち止まって考えてみるべきポイントなんじゃないかと思います。 

 「民衆が日常的に使う工藝品が民藝である。民藝は、安価でありふれているからといって美しくないわけではない。むしろ無心に制作され、実用に供されるからこその健全な美が見られる。制作者名や価格などに縛られず、茶の湯の先駆者のように美を直感的に捉えなければならない。」(127字)

「民藝」という言葉、聞いたことはありましたが、こういう思想だったのね、というのは初めて知りました。本文自体は短いですが、入門書としてはまさに格好の一冊です。

「民藝品には実用に供されるからこそのシンプルで健全な美しさがある」という『用の美』の美意識は、シンプルだけど機能的というパタゴニアのプロダクト開発の思想と通じるところがある世界観だなぁと感じました。

 無印良品の食器類は現代の民藝品?とも思いましたが、時代背景のせいか、民藝品は各地の職人たちが共同で制作するものである、という定義があったので、厳密に言うと当てはまらないのかもしれません。
しかし、美意識の部分では近いものがあるような気がしていて、きっとそれが外国でも支持される理由なんじゃないかと思います。

精選した民藝品を展示している日本民藝館は、なんと駒場にあるそうで、全く知らなかった!
梅の咲くころに一度行ってみようかなっと。

 

民藝とは何か (講談社学術文庫)

民藝とは何か (講談社学術文庫)

 

 

2016年の読書まとめ

年の瀬らしく、2016年の読書を振り返ってみました。
合計90冊でした。
読むの早いねーと言われることもありますが、早い人は1日1冊ペースとかもっと早いですよね。

ジャンル別に分類すると、おおよそ下記の通り。
こうしてみると、何となく自分の頭の中の成分が棚卸しされたような感じがします。

 

1位 日本文化・社会・政治(14冊)

2位 コンピューター・AI(13冊)

2位 小説(13冊)

4位 宗教・哲学(12冊)

4位 中東・イスラム(12冊)

6位 グローバル・貧困(7冊)

7位 アート・図書館(6冊)

7位 ビジネス書(6冊)

9位 薩摩・鹿児島(4冊)

10位 その他(3冊)

 

どの本もその時の自分の心境・関心に合って出会ったと思っているので、なかなか甲乙つけがたいのですが、敢えて今年の3冊を選ぶとこれかな。

 

葬式をしない寺―大阪・應典院の挑戦 (新潮新書)

葬式をしない寺―大阪・應典院の挑戦 (新潮新書)

 

  

坊さん、父になる。

坊さん、父になる。

 

  

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

 

どれも、ちょっと長い目で見て、どういう心づもりで世の中と向いあっていこうか、どういう姿勢で生きようかという指針に触れた一冊だったと思います。

 

あともう1冊オススメするとしたら、これ。 

となりのイスラム 世界の3人に1人がイスラム教徒になる時代

となりのイスラム 世界の3人に1人がイスラム教徒になる時代

 

読みやすい文章でムスリムの人たちの目に社会が・世界がどう映るかを窺い知ることができる良書だと思います。

 

さて、2017年はどんな本と出会うかな!

 

付録 2016年リーディング・リスト

↓本棚形式ではこちら

http://booklog.jp/users/offvola?tag=2016&display=front

【日本文化・社会・政治】 14冊

スポーツのちから
日本成長戦略40歳定年制
憲法の涙 リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください2
リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください
山谷ヤマの男
1941決意なき開戦
保守主義とは何か
自由からの逃走
「空気」と「世間」
空気の研究
アースダイバー
下り坂をそろそろと下る
「思いやり」という暴力
対話のレッスン

【小説】 13冊
ブラインドマッサージ
あたらしい名前
ピンクとグレー
服従
ジニのパズル
舟を編む
神無き月十番目の夜
出星前夜
黄金旅風
天空の蜂
片耳の大シカ
ソロモンの偽証
わたしを離さないで

【コンピューター・AI】13冊
なめらかな社会とその敵
ビットコインとブロックチェーン
人口知能は敵か味方か
VRビジネスの衝撃
シグナル&ノイズ
幸せな未来は「ゲーム」が創る
人口知能
スピリチュアル・マシーン
ポスト・ヒューマン誕生
ビッグデータの開拓者たち
IBM奇跡の”ワトソン”プロジェクト
大格差
大停滞

【中東・イスラム】12冊
イスラーム国の黒旗のもとに
中東政治学
サイクス=ピコ協定百年の呪縛
イスラム国」の内部へ
となりのイスラム
オリエントの嵐-中東現代史
砂漠の豹イブン・サウド-サウジアラビア国史
灰色の狼ムスタファ・ケマル-新生トルコの誕生
オリエンタリズム(上)
オリエンタリズム(下)
<中東>の考え方
移ろう中東、変わる日本

【哲学・宗教】12冊
入門近代仏教思想
アメリカと宗教
宗教からよむ「アメリカ」
子どもの難問
坊さん、父になる。
ボクは坊さん。
生きがいについて
<ひと>の現象学
葬式をしない寺
パラレルな知性
哲学の使い方
哲学カフェのつくりかた

【グローバル・貧困】7冊
アジア×カメラ
世界天才紀行
見えざる手をこえて
「その日暮らし」の人類学
水の未来
暗黒・中国からの脱出
あなたが世界のためにできるたったひとつのこと

【ビジネス書】6冊
10%起業
リーンスタートアップ
キャッチコピー力の基本
「分かりやすい表現」の技術
サイロ・エフェクト
ZERO to ONE

【アート・図書館】6冊

建築の大転換
拝啓市長さま、こんな図書館をつくりましょう
芸術立国論
アートは資本主義の行方を予言する
ネット時代の図書館戦略

【鹿児島・薩摩】4冊
鹿児島学
残響
薩摩藩英国留学生
長沢鼎ブドウ王になったラスト・サムライ

【その他】3冊
巨大数
村で病気とたたかう
おとなが育つ条件

 

 

「なめらかな社会とその敵」(著:鈴木健)を読みました

振れ幅がとっても大きい本でございました。

「人間の認知・対応能力の限界により近代社会では国民国家の境界で分割し世界を理解・構成してきたが、コンピューターとネットの発達はその限界を超えることを可能にした。今や個人・国家の境界を緩やかにし、複雑な世界を複雑なまま生きる経済・政治・インテリジェンスの仕組みが技術的には実現できる。」(140字)

近代社会のメジャーバージョンアップを目指すだけあり、飛びだすテーマが社会科学から生物学から、情報科学から、とかく幅広い。

私的所有や統治システムを、生物の「膜」・「核」・「網」のロジックをアナロジーとして用いて説明するあたり、かなり斬新でした。
※生物がどこから生物になるかというと、化学反応が「網」の中でバラバラ起きているだけではまだ生物と言えない。「膜」ができて内部に化学物質と反応を囲い込み、「核」がコントロールしてより効率的に反応を起こし始めると生物と言えるようになる、ざっくりいうとそういうロジックです。

近代社会というのは、本来そんなに簡単に単純化できない自由意思を持った個人と、その個人が社会契約を結んでできた国民国家、というモデルにある意味安易に依拠してきました。
しかし、それらは本来複雑なものをシステムの内・外に押し込めた分断された社会となり、歪みを生んできました。

しかし、コンピューティングとネットの発達は、単純化せざるを得なかった人間の理解・認知を爆発的に拡大させることができます。

今や無理やり「膜」で囲い込まれた内側と外側とにわけなくとも、「網」の中にいる重層的・並行的な主体をその多様性を損なわないまま結びつけることができるようになってきている、そうした急激な断絶を伴わない、複雑さを複雑なまま受け止められる社会のあり方を「なめらかな社会」として、筆者は措定します。

その「なめらかな社会」の具体的な実現方法として筆者が素描して見せるサブシステムが、貨幣システム=伝播投資貨幣PICSY、投票システム=伝播委任投票、法システム=伝播社会契約、軍事システム=伝播軍事同盟の4つです。

詳細は本書に譲りますが、いずれのシステムも基本的な性質としてては、「一貫した自由意思を持つ個人」と「国家」を相対化し、個人の選択や行動がネットワークを経由して累積していくこと、メンバーシップをオープンにすること、が特徴かと思いました。

語感からすると「なめらかな社会」はとっても優しそうな響きがありますが、複雑さを複雑さとして受けとめ、一貫性を欠くかもしれないけれども自分なりの理解と選択で社会と関わり、社会を動かしていく主体となることが求められるという意味では、誰か(=国家)に寄りかかりつつ何かあれば(またはなければ)その誰かのせいにしていればよかった「なめらかでない社会」よりよっぽど厳しい社会ではないかなぁと感じました。

著者も本書の成りたちのところで書いてましたが、学科が細かく分かれる前のような、横断的な議論を経て上梓された本書は、読んでて予想がつかず読み応えある面白い一冊でした。

※著者自身もその後スマートニュース社のCEOになられたみたいで、そこもすごい振れ幅だなぁ。

 

なめらかな社会とその敵

なめらかな社会とその敵