読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本会議の研究(著:菅野完)と神道の入門書を読みました

裁判沙汰にもなった話題作「日本会議の研究」。
2度目は読まないだろうと思い、図書館で延々待ってようやっと読みました。

随分待ったので、その間に神道の入門書で予習してみました。

去年仏教の本は何冊か読みましたが、そういえば神道の成りたちとか教義とか知らないなぁと思い当たり、いいきっかけかとも思って、毛色の違う3冊をチョイス。

神道入門(著:戸矢学)は、本当の神道の概説書。神話や、神道にルーツがある風習、神さまの系譜など、幅広く紹介されています。

「日本人の神」入門(著:島田裕巳)は、特に日本人にとって神とはどういう存在と捉えられてきたのか、どんな神を祀ってきたのか、が解説されています。

神道入門(著:井上順孝)は、神道を伝えてきたメディアとして、見える神道・神社/教団組織と、見えない神道・文化/習俗、の歴史をひも解いています。

3冊通読して感得した主なポイントは、

神道には、キリスト教の聖書やイスラム教のコーランなど教典がない、という意味で教義はない。

神道を通じて見える日本人にとっての「神」とは、人智を超えた力に対する畏怖の念を体化した存在である。(だから山などいろんな自然物がご神体となり、菅原道真など死後の祟りをなだめるために神に祀られる人もいる)

神道は時の政治権力の影響を受け、神や、神にまつわるストーリーが塗り替えられてきたし、宗教としての特権性も変わってきた。特に仏教とは一時、神仏習合といって表裏一体のような関係にあったが、維新後神道を非宗教化するため仏教と切り離された。

ということ。
初詣や七五三は神社、除夜の鐘や葬式はお寺、というよくよく考えたら宗教的にはチャンポンな生活ぶりですが、歴史的経緯を踏まえると、それも無理からぬことで、それはそれでいいんだな、と思えるようになりました。

 

それを踏まえての「日本会議の研究」ですが、知られなきゃしれっと思い通りにできただろうに、当事者たちにすれば騒がれてイヤだっただろうなというのが率直な感想です。

「国会にも多数の議連参加者を擁する日本会議の中核は、生長の家学生連合にルーツを持つ日本青年協議会の人々である。その政治的アジェンダは、反現行憲法(自主憲法制定、自衛隊国軍化、緊急事態条項追加)、伝統的な皇統の継承、家族の固守(夫婦別姓反対、反ジェンダーフリー)にある。」(133字)

 

理念の当否はいったん置くとして、刮目すべきは、本書で紹介されていた草の根での動員システムの緻密さ。
これこそが今優勢な勢力にあって、劣勢な勢力にないものだと思いました。

しかし、厳密なところは票数のシェアを確認しないとなのでしょうが、自民党さえも宗教票を恃んでいる(連立相手は別にしても)としたら、日本では宗教以外の一体何をベースに政治へのコミットメントを引き出すことができるのだろうか・・・

グローバルにも、ナショナルにも、薄くて広い一般利益を守るための具体的な指針が求められているように思えてなりません。

 

日本会議の研究 (扶桑社新書)

日本会議の研究 (扶桑社新書)

 

  

神道入門

神道入門

 

  

  

神道入門 日本人にとって神とは何か (平凡社新書)

神道入門 日本人にとって神とは何か (平凡社新書)

 

 

最後の秘境東京藝大-天才たちのカオスな日常(著:二宮敦人)を読みました

東京藝大在学中の妻を持つ著者が、藝大生・OB/OGへのインタビューを重ねてつづった一冊。

優雅で折り目正しい音楽学部”音校” 、バンカラで自由な美術学部”美校”と、両学部での藝大生の生態は一見対照的だが、その奥底には「アートから離れたくても離れられない」、「作品と人生がつながっている」、という共通点があるよう。

入学時に「数年に一人天才が出ればいい」と学長に言われ、卒業後は半数が行方不明という、傍目にはリスクいっぱいの進路を敢えて選んだワカモノたちが、試行錯誤しながらそれぞれの道を進んでいこうとする姿が愛情たっぷりに描かれています。

神輿やミスコンなど、音校と美校の合作がいろいろ見られる藝大祭、一回行ってみたいなぁ。

 

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

 

 

<インターネット>の次に来るもの-未来を決める12の法則(著:ケヴィン・ケリー)を読みました

著者は元ワイアードの編集長。
今現在インターネットやコンピューティングについて作用している技術的傾向を分析・分類し、それが今後どのような帰趨をもたらすか、避けがたい未来(原題は THE INEVITABLE)はどのような姿かを素描した一冊。

 

「自分も自分を取り巻くモノや環境もデータ化され、ネット上にストックされるようになった。しかも潤沢にあり過ぎてスマートマシンの助力なしには選べない。今や最も希少なのは人間の経験とアテンションである。この傾向は今後ますます加速していく。今は避けがたい大きな変動の始まりの時期である。」(138字)

 

キーワードとして現在進行形の12個の動詞が挙げられているのですが、個人的にもっとも興味深かったのは FILTERING の章。

選ぶ側の人間からしたらフィルタリングであることも、選ばれる側からしたら人間のアテンションの奪い合いであって、それを仲介するプラットフォーム・サービスとしてはまだまだ未開拓の分野がいっぱいあるとのこと。

一例として挙げられていたのが、メールを読むことに対して課金できるサービス。
ある文脈で影響力が高い人(インフルエンサーであるなど)には、高い料金を提示してでもメールを読んでもらう価値がある場合がある。
友人やネットワークへの影響力が測れるようになってきた今なら、こんな仕組みも作れるんじゃないかと構想されてました。

それとコモディティー化した対象へのアテンションは低い価値しか持たないが、希少性の高い対象へのアテンションは高い価値を持ちうるという指摘もされていました。(言われてみれば当たり前ですが)
テクノロジーが発達するにつれモノはどんどんコモディティー化していく一方人間の経験は唯一希少性が高いものとして残っていくだろうと著者は指摘していて、そうであれば経験に対するアテンションを獲得するサービス・プラットフォームはいいビジネスになるのかもしれません。

 

それとこういうフィルタリングが進むと逆に問われるのは、自分はいったい何者か、何を望んでいるのかという問いで、過去の自分の選択を知っているフィルタリングは自分を映す鏡のような存在になっていくのでは、という指摘もされていました。
だからテクノロジーが人間を画一化しコモディティー化するという恐れは間違っていて、むしろパーソナライズされていくフィルターを使うことで自分自身も形作らていくのである、というのは新しい見方でした。

 

大著につき一読しかしていないのですが、カバーしているトピックが幅広いこともあり、時を置いて二度・三度読むとその時々で違ったインスピレーションが得られそうな本だと思います。

〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則

 

 

LIFE SHIFT(著:リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット)、自分の時間を取り戻そう(著:ちきりん)を読みました

急ぎのそこそこ重要な案件に追われるあまり、急ぎじゃないとっても重要な案件に手がつけられていないんじゃないかーー。
そんなそこはかとない不安をじわじわ感じることってないですか?
自分にはあるのです、時々。いや、実は結構ひんぱんに。

そういうときいつもどうにかしたいと思うのが、いかに単位時間当たりの生産性を上げるかということと、いかに時間軸を長くとって考えられるか、ということ。

そんな問題意識にこの2冊がストライクだったので間を置かず続けて読んでみました。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

 

両書通読した結果をすごく縮めていうと、「リソース(主に時間とお金)の配分にとっても自覚的になろう」ということで、それだけ取り出せばごく当たり前のことなんですが、LIFE SHIFTの方で100年生きる前提での配分先の新しいフレームワークが示されていたので、がっちゃんこしてみると自分が何にもっと自覚的じゃなきゃいけなのか、をとっても印象付けられた感があります。

特にお金以外の目に見えない資産として、①「生産性資産」=お金の稼得能力に関わってくる知識・スキルや評判など、②「活力資産」=体力・健康や友人関係、③「変身資産」=自己理解・多様性のあるネットワーク、の3種類があげられていて、100歳ライフをハッピーに生ききるためにはこの3つをともにお手入れしていかなければならないと指摘されています。
なぜなら余生(その始まり自体遅くなるのですが)の資金作りのためにも、また健康寿命を張りを持って生きるためにも、今までよりはるかに長く働き続ける必要があって(単に仕事をするというだけに限らず、社会に関わり貢献していくという広い意味で)、それにはキャリア途中での転身もほぼ確実にあると思って備えなければいけない。

 

 目の前の仕事・作業に埋没してはいけないとは思っていたのですが、じゃあ何が・なんで・どのくらい足りないのかを考える視点をもらったような気がします。

あっちへフラフラこっちへフラフラするのも、どの資産を伸ばしているのか自覚的であればむしろいいことなんだ!
と都合よくうそぶいてみたりして~。

「アラー世代: イスラム過激派から若者たちを取り戻すために」(著:アフマド・マンスール)を読みました

ドイツでソーシャルワーカーとして、イスラム過激派に走りそうな(走った)子を持つ親たちの相談に乗ったり、学校に出向いてワークショップを行ったりしている著者が、なぜ子どもたちが過激派に取り込まれるのか、それを予防し取り戻すためになにをすべきか説いた一冊。
心理学のバックグラウンドをもつ著者だけあって、過激派に走る若者たちの心理的要因も考察されているのが珍しいと思います。しかも自身も一時期ムスリム同胞団の活動に参加した元過激派という経歴の持ち主なので、なおのこと筆致に説得力があります。
それと、ドイツでサラフィズム(原始イスラム教に一言一句たがえず忠実にあろうとする、原理主義的一派)がどのくらい間近に迫った存在と感じられるのか、という視点でも興味深く読めるんじゃないでしょうか。

 

イスラム過激派に取り込まれている若者のうち実際に暴力行為に及ぶ者は氷山の一角で、宗教的不寛容やハラル・ハラムの硬直的厳守など、サラフィズムの傾向を示す者の裾野ははるかに広い。ドイツの民主主義を守るため、心理的・社会的要因をよく理解し、包括的な対策を早急に取らねばならない。」(136字)

 

著者によると、ドイツにおいてサラフィストの方が優れたソーシャルワーカーになってしまっているケースが見られるそうです。

サラフィストたちは心理的・社会的要因によって人格構造が不安定な若者の脆弱性をよく理解しており、絶対的に帰依することができ、また帰依することによって帰属集団や他人に対する優越感を手に入れることができる対象を提供することで、若者たちに巧みに近付き自分たちの勢力に取り込むことに成功している、と分析しています。

実際、ドイツの学校で、(実際にはそうは言わなくとも)肌を露出すべきでないという理由で多くの女子生徒がプールを欠席するという現象が多数あり、ローンウルフとしてテロに走ったり、シリアにISに参戦しに行くという極端な形ではないにしても、イスラム過激派に取り込まれつつある若者たちの裾野は広がっているんだそうです。

何かに一途に帰依している人たちの伝道・勧誘にかける熱意と緻密さというのは本当に強烈なものがあり、それが押しとどめがたい勢いを持つことも想像に難くはありません。
多分これは、特殊利害を持つ人たちの声が通りやすく、広く薄い一般利益は守られないという、貿易と関税を巡る政治でも見られるケースによく似ている構造なんだろうなぁと思います。
ただ関税の場合とは違って、原理主義は他者に対する不寛容性を伴いやすいので、個々は広く薄い利益しか持たないその他大勢の方でもきちんと手を打たないと手遅れになりかねないのが怖いところ。


ポピュリズムの台頭など特殊利益を求める声ばかり大きくなる今、こういう広くて薄い一般利益をどう守っていけるかというのが、グローバルにもナショナルにも求められているチャレンジなんじゃないかと思いました。

 

アラー世代: イスラム過激派から若者たちを取り戻すために

アラー世代: イスラム過激派から若者たちを取り戻すために

 

 

 

「移動」の未来(著:エドワード・ヒュームズ)を読みました

ドア・トゥー・ドアが当たり前になった今の「モノの移動」の話から、既存のインフラ・移動手段の限界、ライドシェアがもたらす「ヒトの移動」の変化、そして自動運転車の破壊的影響まで、広く目配りが行き届いた一冊です。

ベースになっているのはアメリカの「移動」事情ですが、多かれ少なかれ他の国にも広く当てはまるんじゃないでしょうか。

 

「既存の交通システムは、膨大な死傷事故を伴い、港湾・道路を混雑させるなど、持続不可能になりつつある。しかし現在生まれつつあるライドシェアや自動運転車は、人間が運転する個人所有の車を置き換えて事故を減らすと共に、道路容量に空きを生みモノの移動もスムーズにする可能性がある。」(134字)

 

本書前半では「モノ・人の移動の今」が描きだされています。
生産体制のグローバル化が進んだ結果、最終消費財が私たちの手元に届くまでにいかにモノが長い距離の移動を経ているか。
ネットショッピングの普及が戸口配送をいかに増加させているか。
そして人がいかに個人所有(一家に一台以上という意味も含めて)の車で移動しているか。

その結果、港湾や道路といった交通インフラは混雑し、過剰な通行量が大きな負担をかける結果、常に拡張や補修投資の必要に追われ続けている。
モノも人もラストワンマイルは「車」で移動するため、道路は「車」に占拠され、交通事故も絶えない。

そして最後の数章で、ライドシェアの広がりや、自動運転車の開発が、これら既存の交通システムを一変させうる、しかも問題を解決しうる、いかに破壊的なイノベーションになりうるか、の可能性を検討・紹介しています。

 

確かに、ほとんど稼働しない個人所有の、人間が運転する車というのは、もはや本人にとっても社会にとっても余りにムダが多く、しかも危険なビークルで、車に取って代わられた馬のような存在になっていくに違いない、と思わせるに十分な議論でした。

未来は絶対こっち(自動運転車のシェアライド)に向かうと思うんだけどなぁ。いつ来るかなぁ。

 

「移動」の未来

「移動」の未来

 

 

TED TALKS(著:クリス・アンダーソン)を読みました

トークイベントの作り方の参考にと思った一冊でしたが、内容は登壇者のトークの作り方・心構えについて書かれた本でした。

「パブリックスピーキングは聴衆の頭に新しいアイデアを植える贈り物のようなものだ。それを効果的に行うハウツーは色々あるが、最も大事なのは弱さも含めて自分らしくあり、聴衆と絆を築くことだ。知識を統合し、相互理解を深め、世界をよりよくするため、パブリックスピーキングはますます重要になる。」(140字)

そういうつもりで読んだんじゃないのですが、読み終わったらパブリックスピーキングをしてみたくなりました。
特に心に残ったのがこの二節。

「世界を動かす力が自分たちにあるとみんなが自覚しているような未来を、僕は望んでいる。価値あるアイデアの種を植えることは、ひとりの人間が与えられる最高のインパクトだ。なぜなら、アイデアの種がきちんと植えられれば、つながりあった世界の中で、それは自然に広がるからだ。それが現在と未来に影響を与える人の数は限りない。」

「お互いへの深い理解によって人間同士が親しくなるにつれて、人は、お互い大切に思うことをそれぞれの視点で見ることを学ぶだろう。そうなれば壁はなくなり人々の魂はひとつになる。
それはすぐには起きないし、簡単でもない。このような変化には数世代が必要だ。もちろんそれを台無しにするような悲劇もたくさん考えられる。でも、みんながひとつになる可能性は絶対にある。」

さて、自分にギフトとして差し出せるトークのネタ、コアになるアイデアがあるかしら?

うん、きっとある。

一回ちゃんと形にしてみよう。
ぼたもちは棚の下にいる人にしか落ちてこないもんね。

 

TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド